OUTなゲームブログ

Just another WordPress site

延々と遊べるゲームです

PS3にディスガイア4というゲームがあり、私はこのゲームにすごくハマった記憶があります。
1~3はやってなかったのですがハマりました。感想としてはすごく斬新なゲームだと思います。

まずPS3なのに2Dの絵柄とマップに親しみを覚えました。(スーファミ世代なので)
次にキャラクターの魅力ですね。キャラデザは1から一貫してるようなのですが、キャラクターの数がとても多いです。
でもその多いキャラクターにちゃんとキャラ付けができています、色んな意味でおかしいキャラばかりでしたが。
最後にゲーム性、これがやはり一番ですね。ぱっとみよくあるシミュレーションゲームのようなんですが、
育てれば育てる程強くなります。上限ないんじゃないかなと思います。
もちろんHPとかMPの数値が恐ろしい数になっていきます。
ダメージ数も後半になると「1億」とかいう表示になります。
「アバウトだよ!」と思わず心で突っ込みました。
お気に入りキャラがいたのでそのキャラを延々と育てるのが楽しかったです。
育て方もまた特殊です。「こうすれば早く育つ」というチートもどきの育て方があります。
しかもそれはメーカーが狙って作ってるとしか思えないのですよね…。
その育て方がないと恐ろしく時間がかかるゲームなので…。
とにかく強くなっても強くなってもまだ強くなれるゲームです!
お気に入りゲームなのでゲームはずっと手元に置いたままです。

夕闇通り探検隊

小学生の時にプレイしたのですがいまでも鮮明に覚えている名作。プレイステーションでの発売だったのですが、いまではレアソフトになっていてオークションでは高値で売られているらしいです。

ジャンルとしてはホラーアドベンチャーでしょうか。カラスに100日で死ぬ呪いをかけられ、それを回避するために街の怪奇、噂、都市伝説を調査していきます。めちゃくちゃ怖いです。そして難易度高めで何回も死にました。独特の雰囲気のゲームで、このゲームに似ているものは今だかつて出会っていません。

難易度が高いので小学生にはとてもとてもグットエンドを迎えられず、100日以前にゲームオーバーになっていたのですが、どうしてもクリアしたく、ゲーム会社に問い合わせて攻略本を取り寄せた程です。そのグットエンドも泣かせます。まあ主要人物の一人が死んでしまうのですが、何とも言えない後味でした。中学生の微妙な心情、恋愛、家族との確執等のストーリーもリアルで入り込めました。このゲームもなぜか切なくて泣けます。

アウトな寮生活 OUTな寮生活

クラッシュオブクランについて

携帯端末(タブレットも可)でプレイできる
『クラッシュオブクラン』は一般的に言われる
タワーディフェンスゲームです。
携帯ゲームの中でもパズドラと並ぶくらい
全世界で人気の高いゲームと言っても過言ではないと思います。
ゲームの内容は
他人の村を攻め物資を奪い、
奪った物資を自分の村を育てるのに使う
といった内容です。
このゲームをプレイして驚いたのが、
従来のタワーディフェンスゲームの要素+
村育成ゲーム(村ゲー)が同時に楽しめるところにあります。
いくつかタワーディフェンスゲームを
プレイしてきたのですがこの新要素に感動しました。
自分の村を敵から守る施設や壁を作ったり
資源生産施設をつくります。
このような施設も本拠地(タウンホール)が
レベルアップするたびに種類が増え毎回ワクワクします。
プレイすればするほど村が強くなるという部分が
とても良い部分だと思います。
携帯ゲームのなかで一番課金をし、
一番長くプレイしているゲームです。
みなさんもクラッシュオブクランを
プレイしてみてはいかがでしょうか?

...or browse articles by tags